医者

自覚症状がない目の病気緑内障!緑内障は早期の発見が肝心!

見極める方法

看護師

最近は疲れ目で悩んでいる人が多くいます。そのため、飛蚊症を発症する人も沢山います。飛蚊症は視界に白い糸くずや黒い点が見えます。それらが自分の視線とともに移動していきます。ストレスが原因なのか、病気が原因か見極めましょう。

この記事を読む

自覚ないまま進行する病

病院

最近はパソコンやスマートフォンが普及しているので仕事だけなくプライベートでも目を酷使しています。液晶画面を見続けることは考えているよりも目にとっては負担です。瞬きの回数が減って乾燥してしまいます。パソコンやスマートフォンが発するブルーライトは疲れ目の原因です。定期的に目を休めないと視力が低下する恐れがあります。また、40代以上の人に多い目のトラブルが緑内障です。緑内障が発症する原因が現在もわかっていません。目の痛みなどの自覚症状もないまま進行していく怖い病気です。

緑内障は大きく分けると2つあります。慢性緑内障と急性緑内障です。慢性緑内障の場合は自覚症状はほとんどありません。徐々に視界の一部が見えなくなり始めます。そのうちだんだんと見えなくなる範囲は大きくなっていきます。しかし、人間の目は片方が見えない部分があっても、もう一方でカバーするので自分の目に以上が発生していることに気がつきません。自分自身で以上を感じるときにはかなり緑内障が進行しているでしょう。これが緑内障の怖いとこです。そして、一度失った視力を元に戻すことができません。緑内障の対策は早期の発見が重要です。早期に緑内障を発見することができれば、症状の進行を緩やかにすることができます。緑内障を早期に発見することができれば、普通に生活を送ることも可能です。そのためには、目に異常を感じたらすぐに眼科に行きましょう。また、40代以上の年齢の人は定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。

40代以上の20人に1人

眼

人間の目はとても大事です。しっかりとケアする必要があります。現在は40代以上の20人に1人が緑内障を患っています。緑内障になる詳しい原因は未だわかっていません。自分の目に以上を感じたら眼科に行きましょう。

この記事を読む

サプリメントで対策 

先生

目お酷使するといろんな目のトラブルのげんいんとなります。最近は飛蚊症も増加しています。飛蚊症は視界にゴミのような物が見えてきます。ストレスが原因の飛蚊症はサプリメントで対策することができます。

この記事を読む

Copyright© 2015 自覚症状がない目の病気緑内障!緑内障は早期の発見が肝心!All Rights Reserved.